開業・移転 ビジネスホン 複合機 会議システム 通話録音 ネットワーク 取引方法 サイトマップ 関連サイト 会社概要
東北地方太平洋沖地震の影響についてのご案内
サンビジコムトップページ > 通話録音システム > VR-700  

 

小規模から大規模システムに柔軟に対応!ステレオ録音対応でVOC活用実現

タカコム通話録音システムVR-700シリーズ

アナログ・ISDN混在可能な通話録音システム VR-700 様々なシーンで利用可能

  • 製造業・一般企業
  • 官公庁・サポートセンター
  • コールセンター
  • 金融機関
  • 公共機関指令センター
  • 警察・消防・電力・ガス・水道・鉄道・航空・運輸・医療機関

 

VOCとは?

VOCは、「Voice of the Customer」の略であり、顧客の要求、競合他社の活動、市場の変化などを継続的に追跡する戦略を意味します。一言でいえば「顧客の見方、ニーズを反映したデータ(苦情、アンケート結果、コメント、市場調等)」のことになります。別名「顧客の声システム」と言われる場合もあります。

なぜ、VOCが重要か?

製品/商品、あるいはサービスを顧客が購入するという行為は、顧客が求める価値に自社が応じることができて選ばれた結果ということがいえます。しかし、購入の結果、全てに関して満足しているわけではないという事実があります。さらに情報社会が成熟してきますと、顧客があらゆる情報を入手できる段階に達し、企業や製品/商品、あるいはサービスに対する認識の変化が非常に早くなることが考えられます。このように顧客のトレンドがもしかすると昨日と違う可能性がある局面において、半年や一年前のデータを信じて企業戦略、マーケティング戦略を続行するということは、極めて危険な企業行為と言わざるを得ません。
このように顧客の事実の変化を捉えることが可能なVOCは企業活動にとって重要な役割を演じるという訳です。

 

通話録音システムの導入で、言った言わないのトラブル解消から顧客満足度向上のためのVOCに至るまであらゆる電話応対品質のマネジメントを行う事が可能となります。

 

4Uサイズに最大96ch収容可能

アナログ・INS1500(PRI)・INS64(BRI)回線を混在で接続することが出来ます。

 

選べる音質3タイプ

記録する音質は標準(8kHz2bit)・高音質(8kHz4bit)・最高音質(8kHz8bit)の選択が出来ます。

録音・保存形式による最大録音時間

  保存形式
標準(8k2bit) 高音質(8k4bit) 最高音質(8k8bit)
モノラル 30,000時間 15,000時間 7,500時間
ステレオ 15,000時間 7,500時間 3,750時間

 

送受話分離のステレオ録音(PRI/BRI)

  • 音声認識、感情解析システムと連携することが出来ます。(別途アプリケーション必要)
  • 音声の確認はオペレータの声、相手の声のみの再生が出来ます。
VR-700送受話分離のステレオ録音

 

管理ソフトウェア「VR-LS700」検索再生画面の使いやすさが一層向上

▼検索画面

  • 日時指定
VR-700日時指定

日時指定も「本日分」「過去1週間分」などで入力をサポート。また詳細の範囲指定も可能です。

  • 発着信情報の指定
録音時に付加される情報で確実な絞り込みが可能です。
  • 再生フラグ、メモ、分類の指定

一度再生した通話を再び検索する場合、通話データに付加した情報からスピーディーにリストアップ可能です。

・再生フラグ・・・「未再生」、「再生済み」の選択
・メモ・・・通話データにメモをした内容から検索
・分類・・・分類された通話データを検索

▼再生画面

 

再生操作・音声管理・システム設定など運用に合わせたセキュリティ機能が充実しています。

パスワードによる制限が出来る操作

  • 自動ログアウト時間の設定
  • ユーザーIDの有効期間の設定
  • 録音を削除する操作
  • 同時モニターをする操作
  • システム設定をする操作
  • バックアップ用Blu-rayディスクを交換する操作 ほか

 

通話状態をアイコンでリアルタイム表示

運用状況が一目で把握できます。また通話履歴データ出力機能により、トラフィック管理に利用できます。

 

親切・便利機能

  • クライアントPCからLAN再生ソフトVR-LS700(別売品)によりネットワーク経由で検索再生できます。
  • 通話中の音声はモニターできます。
  • バックアップは、Blu-rayを採用。
  • ハードディスクは、二重化で信頼性を追求。

VR-700シリーズ接続例

VR-700シリーズ接続例

▲トップに戻る

VR-700/VR-700P 主な仕様

  VR-700 VR-700P
回線
 
最大収容チャンネル数 最大96ch
回線種別 アナログ/INS64 混在収容可能 アナログ回線/INS64/INS1500 混在収容可能
初実装

ラインボード

 

なし 

 

アナログラインボードVR-700-A8およびBRIラインボードVR-700-D4を併せて最大12枚搭載できます(収容チャンネル数は96chまで)。

※PRIラインボードVR-700-D24は搭載できません。

なし 

 

アナログラインボードVR-700-A8、BRIラインボードVR-700-D4、PRIラインボードVR-700-D24を併せて最大10枚搭載できます(収容チャンネル数は96chまで)。

音声
録音データレート 標準:16kbps  高音質:32kbps  最高音質:64kbps
送受話分離ステレオ録音 INS64回線、INS1500回線収容時のみ
起動

方式
 
 

受話器上げ検出

PRI/BRIはDch情報による起動

音声検出

アナログラインボード

外部制御

アナログラインボード

検索項目
日時指定・相手先番号・自番号・発着信区別・通話時間・表示名・再生フラグ・メモ・分類

接続の方法・設定・収容回線の契約内容により使用できない項目があります。
再生機能 送受話分離再生・リピート再生・音声タイムスタンプ・メモの追加・通話のコピー・wav変換
録音
 
媒体 HDD
最大録音時間 モノラル録音 形式(標準)時:約30,000時間
ステレオ録音 形式(標準)時:約15,000時間
バックアップ
 
媒体 Blu-rayディスク(50GB)
録音時間 モノラル録音 形式(標準)時:約6,000時間
通話モニター
セキュリティ機能
アラーム通知機能
通知データ転送機能

※別途、オプションの受信ソフトが必要となります

タイマー録音機能
時刻校正機能 外部接点・SNTP
クライアントソフト オプション:VR-LS700 (5クライアント)
クライアント OS Windows 2000/XP/Vista
電源及び消費電力(W) 100V±10V 最大200W
寸法(mm) 429(幅)×500(奥行き)×177(高さ)ゴム足含まず  高さ 4U
質量(kg) 約18.5

 

別売り品 VR-700シリーズオプション

アナログラインボード VR-700-A8

8回線を収容できます。(最大収容枚数:12枚〈96ch〉)
※電圧起動、音声起動、外部起動をch毎に設定可能

PRIラインボード (INS1500回線用) VR-700-D24
1回線(24ch)を収容できます。(最大収容枚数:4枚〈95ch〉)
 ※送受話分離録音(ステレオ録音)可能
BRIラインボード(INS64回線用) VR-700-D4
2回線(4ch)を収容できます。(最大収容枚数:12枚〈48ch〉)

※送受話分離録音(ステレオ録音)可能

通話録音アダプタ用中継機 RM-200
通話録音アダプタに電源を供給し、通話録音装置(アナログラインボード)との接続を中継します。
●寸法(mm)/質量(Kg) 幅 430×奥行200×高さ44/約2.3 接続ジャック数:標準8、最大16
(別売、中継機増設ボードRM-200-A8を 1枚追加)
SA-200S (録音スイッチ付)
受話器に接続し、音声を取り出します。

録音の開始・終了をスイッチでコントロールできます。
RM- 200と共に使用します。
●寸法(mm)/質量(g) 幅46×奥行 141×高さ25/約85

▲トップに戻る


 

オフィスの開業・移転ビジネスホン比較工事について
アフターサービス複合機比較電話会議装置比較通話録音装置
オフィス家具専門サイト楽天サンビジコムショップ
会社概要販売法表示アクセスマップお問合せ

株式会社サンビジコム
〒114-0022 東京都北区王子本町1-18-8 王子Nビル5F
電話: 03-5963-2051 ファックス: 03-5963-2054

Copyright © 2001-2016 Sunbusicom Co. Ltd all rights reserved.