開業・移転 ビジネスホン 複合機 会議システム 通話録音 ネットワーク 取引方法 サイトマップ 関連サイト 会社概要

トップページ > 特集 NTT RACSIA 2.0
 

ラクシアがバージョンアップしました


人気のラクシアが更に機能を充実させて登場!
もちろん旧バージョンでお使いのお客様もアップデート可能です。

こんなお客様におすすめします!
 ⇒自分で取付できれば工事費もかからず経済的!(ケーブルをさすだけ)
 ⇒コードレス子機にすればレイアウト変更や移転もラクラク!(本体が基地局)
 ⇒ひかり電話にして基本料と通話料を安くしたい!(番号はそのまま)
 ⇒遠隔地の拠点でも本社の電話とLANを使いたい!(自宅でも仕事ができる)
 

power up racsia 2.0


NGN回線であるフレッツ光ネクストを利用することで、Bフレッツでひかり電話オフィスタイプを利用するために必須だった、ひかり電話拡張オプションが不要となります。


ひかり電話オフィスタイプ専用の機種でしたが、これによりIP電話や専用線の収容も可能となりました。様々な運用ケースに対応できます。


ラクシア本体にPPPoE(インターネット接続設定)を設定すれば、ラクシア多機能電話機のLANポートより、インターネット接続が可能です。
今まで、1本のBフレッツ回線から電話とインターネットを共用する場合、QoS対応ルーター BR500S(NTT推奨機器)が必要でした。





RACSIAフルIPシステム

全てがLAN接続で、ネットワークの管理がしやすい。レイアウト変更も容易!
移動してもHUBに差すだけですぐ使えます(工事業者に依頼不要)



RACSIAはコードレスが安い

通常のビジネスホンコードレスは、デジタル電波を受信するアンテナを別途設置する必要がありますが、RACSIAは無線LANでの接続となるため(RACSIA本体が無線AP)、コードレス端末のみで利用できる分価格も抑える事が出来ます。 安価にフルコードレスシステムの構築が可能です。



RACSIAは設定が簡単です

ルーターを設定するような感覚で、各電話機の内線番号や、外線ボタンの割付など、ネットワーク管理者の方でなくとも設定できるカンタン設定ウィザードがあります。Ver2.0からは更にカンタンに設定できるよう改善されました。

RACSIA簡単設定ウィザード



NTT RACSIA ご提案構成図

1. フルワイヤレス 2. ひかり電話オフィスタイプ 3. 遠隔地共用

フレッツグループアクセスというVPNサービスを利用することにより、東京本社に設置されたRACSIA本体への着信を、横浜の支店に設置したIP多機能電話機で受けることが出来ます。
横浜支店から東京本社の番号で発信することも可能です。これを主装置共用といいます。



ラクシアは非常にカンタンに取付、設定が行えます。
【機器とラインの接続図】


※LANポートが足りない場合はHUBより接続します。
※有線のIP多機能電話機は接続するだけで内線情報を本体より取得するので設定は必要ありません。

RACSIAは、ONUより本体のWANポートに接続した瞬間、NTTよりひかり電話番号がおりて来るという仕組みになっており、ひかり電話オフィスタイプ3ch1Noの場合は接続するのみで、全ての設定が完了します。
また、それ以上の回線契約がある場合も、設定ウィザードによりカンタンに設定できます

 

1. IPコードレス電話機の電源を入れます。

2. 本体背面の「登録」スイッチを3秒以上押し続けます。

3. 「開始」を選択した状態で決定ボタンを押します。

4. 自動登録が開始され、終了すると完了画面が表示されます。

5. 本商品のINFOランプが消灯し、IPコードレス電話機が再起動後、日時および内線番号が表示されれば使用可能です。




置き型電話機はもちろんコードレスもフルIPですから、パソコンのネットワークと統合できます。
(LAN配線1本でパソコンと電話を共用します)


 

主装置本体(アクセスポイント)とコードレスは見通し30m以内となっています。 ただし、パーテーションなどの仕切りがあったり、階層が違う場合は、追加のアクセスポイント等が必要となります。
本体のみで使用する場合、携帯型コードレスが最大6台、卓上型コードレスが最大10台接続可能です。
 

ひかり電話3ch1番号での場合は回線終端装置(ONU)を接続するだけで、NTTより設定を自動生成できます。 (これ以外の3ch2番号や4ch1番号などの場合は別途ブラウザ設定が必要です)
コードレスの設定は本体スイッチとコードレス電話機のボタンを押すだけで使えるようになります。
卓上電話機は本体LANポートにケーブルを差すだけです。また詳細設定は本体とパソコンを接続してブラウザ設定となります。

 
自分で出来ない場合も安心

当社技術班が出向きますのでご心配要りません。
すべておまかせいただけるケースと、複雑な設定だけお引き受けさせていただくことも可能です。
もちろん後者は費用が安く済みますのでオトクです。さらに自分で設定するつもりで購入したが実際には出来なかった場合も 少しの追加料金で設定にお伺いすることもできますのでご安心下さい。
 

ファックスはVG210またはアナログゲートウェイボックスを使用すれば可能です。 ドアホンは残念ながら
ご使用になれません。
 

フレッツグループアクセスを使って電話を共用できます。 例えば本社にRACSIA主装置本体が設置してあれば、離れた支店でも本社と同様に発着信可能です。 (本社と支店のオフィスを一体化できます。)
 

お客様の電話を受けお話後保留を押し、空いている外線を押して携帯番号をダイヤルします。 社員が応答するとお客様のことを告げてそのまま受話器をおろせば[お客様⇔社員携帯]の通話となります。 お客様は社員携帯番号に掛けなおすことなく通話することが出来ますので、ビジネスチャンスを逃しません。 「外外転送」と呼ばれる機能が標準装備です。
 

インターネットやLANネットワークは共有することが出来ます。 RACSIA主装置本体のLANポートに接続したHUBや固定電話のPCポートにLANケーブルを接続すれば ネットワークが構築されてすぐにインターネット接続が可能です。

NTT RACSIA 2.0 についてのお問合せ ・ お見積りは

お電話でのお問合せ

フリーダイヤル: 0120-691-791 (平日9時〜18時)

Eメールでのお問い合わせ ・ お見積り

お見積りをご希望のお客様は、「ビジネスホンお見積りフォーム」 よりお申し付けください。

機能や工事についてなど、その他のお問い合わせは、「総合お問い合わせフォーム」 よりお問い合わせいただくか、info@sun-busi.com宛に直接メールをお送りください。

▲トップに戻る


 

オフィスの開業・移転ビジネスホン比較工事について
アフターサービス複合機比較電話会議装置比較通話録音装置
オフィス家具専門サイト楽天サンビジコムショップ
会社概要販売法表示アクセスマップお問合せ

株式会社サンビジコム
〒114-0022 東京都北区王子本町1-18-8 王子Nビル5F
電話: 03-5963-2051 ファックス: 03-5963-2054

Copyright © 2001-2016 Sunbusicom Co. Ltd all rights reserved.