開業・移転 ビジネスホン 複合機 会議システム 通話録音 ネットワーク 取引方法 サイトマップ 関連サイト 会社概要

トップページ > ビジネスホンの選び方

賢い!ビジネスホンの選び方

 




●どんな使い方をしたいですか?
●電話番号はいくつ必要ですか?
●同時に話せる数はいくつ必要ですか?
●こんな機能が欲しい 等々

ビジネスホン選びは運用にあわせた最善のご提案から

お聞きした内容を元にしっかりとシステム解析を行いご希望に沿ったご提案をいたします。
現在の環境から更改後の環境を判りやすくまとめた、回線構成図・月額コスト比較・お見積書をご提出いたします。
もちろん、お伺いしての詳しいご説明や、お打合せもお気軽にお申し付け下さい。

日進月歩の通信業界ですが、例えば、、、
●IP-VPNを利用した拠点間内線化システムの構築。(IP Behind接続)
●FOMA N906iLを利用した携帯内線収容(Fixed Mobile Convergence)
●Willcom専用線を利用したW-VPNによるPHS端末内線化
●コールセンターシステム等、


ハイエンドなご要望にもお応えできる専門のエキスパートがご対応いたしますので安心してお任せ下さい。

ビジネスホン選びのポイント

必要な電話機の台数と同時通話数は?

必要な電話機の台数と同時通話数が決まれば、御社に最適なビジネスホンがわかります。

電話機の台数

ご利用状況によりますが、必要とされる電話機の台数は、一般的にデスクの数+会議室の数程度といわれています。

同時通話数

同時通話数は「外線数(またはチャネル数:ch)」と表記されます。
業種・業態によりますが、一般的に、従業員数の3分の1程度といわれます。ピーク時に使われる回線数を考慮し、ご利用状況に応じてお選びください。

御社に最適なビジネスホンは?
設置電話台数 〜5台 〜20台 〜10台 〜30台
同時通話数
(外線数)
〜2回線 〜8回線 〜8回線 〜12回線
 

オススメ
電話機


ActysII

RACSIA

αNX type-S

αNX type-M


ご提案の一例

株式会社○○様:
『うちの会社は今ISDN回線を2本引いていて、代表電話番号が4回線分同時に受けれる。
社内用の裏番号が1番号あり、外出している社員はこの番号で連絡を取っている。
別にアナログが1回線あり、ファックスで使用している
留守番電話や、かかってきた電話を外出している社員の携帯に転送したい。
なにか良い方法はあるか?』

弊社担当:
「なるほど!詳しい状況をお知らせいただき有難うございます。もちろん、良い方法があります!
まずは、ご希望に沿う形でご提案書を作成いたします。」

 

回線構成図:クリックで拡大

月額比較表:クリックで拡大

ひかり電話オフィスタイプを導入し使い勝手は今までと同じで、月額コストの見直しが図れます。
留守番電話装置を設置。「外外転送機能」を利用し、外出中の社員の方への転送が実現できます。

『まだまだ検討段階だけど、料金比較をしてみたい。』
『見積が欲しい』


などなどどうぞお気軽にお申し付け下さい!

アフターサービスも安心

技術班が都内で巡回しておりますので、迅速な対応が可能です。工事圏内は関東圏を中心としています。
くわしくはアフターフォローについても御覧下さい。



 

オフィスの開業・移転ビジネスホン比較工事について
アフターサービス複合機比較電話会議装置比較通話録音装置
オフィス家具専門サイト楽天サンビジコムショップ
会社概要販売法表示アクセスマップお問合せ

株式会社サンビジコム
〒114-0022 東京都北区王子本町1-18-8 王子Nビル5F
電話: 03-5963-2051 ファックス: 03-5963-2054

Copyright © 2001-2016 Sunbusicom Co. Ltd all rights reserved.